top — お知らせ — ホームページをリニューアルしました。
お知らせ
2020-09-27
福西のブランド価値

68年技術伝承、優れた日系品質を達成します。

● 品質管理は重要だ

原線の選択には、福西メリヤス株式会社は大量の対比と試みを通じて、最終的に弾力性のあるポリウレタン線を芯線として選定し、ナイロン糸は螺旋状に巻きつけて環状線として使用されます。それから、コンピュータで編み、織った生地を再度品質検査します。機械に置き方と縫製の順序から、染色工場の運送と染料の選択まで、染色、柔軟、脱水、どの工程も間違いがあってはいけません。

手作りと機械を组み合わせて、効能を最大限に発揮させる同时に、製品を市場検証に耐えられます。

 謹厳と専心が後ろ盾

普通のストッキングは300-400針で、針の数が多いほど、布地の隙間が少なくなり、見た目が滑らかになります。福西のストッキングは最高440針に達することができます。この40針は技術の試練だけではなく、人工に対する試練でもある。

ストッキングの精度を上げるために、電気ミシンの代わりに手作りのミシンを使って、毎回の手缝いは労働者技術に対する試練です。毎日の繰り返しがもたらすのは無味乾燥ではなく、素晴らしい技術です。

原線の柔軟性とストッキング生産中の絹質の安定性を保証するために、各工場は年間を通じて温度管理を実施して、工場内の湿度が安定していることを確保します。製品の最適化のために、品質管理を除いて、労働者の作業環境も標準化管理を実施しています。各操作、行為は基準を設定し、高効率、高収量、高エネルギー。

 本心を守り、ずっと専念する

半世紀以来、日進月歩の変化に直面して、福西メリア株式会社は一貫して製造を中心に、本心を守ってきました。高性能マシンを導入し、内部管理を強化し、技術で品質を書き、肩の骨で経典を伝承してきました。

一覧に戻る
カテゴリー
お問い合わせ
Copyright ©Fukunishi Group Co.ltd. All Rights Reserved.